コスパ

数年前、富士山に登った。

一緒に行ったメンバーは頂上まで登りきったそうだが、僕は八合目で諦めた。疲労が溜まっていてその先は危険だと感じたし、ご来光(日の出)も八合目で拝むことができた。その選択には当時も今も満足している。

あとから考えると「やっぱり登りきればよかった」と思いそうなものだが、今でも満足しているということは、よほど僕の思想、価値観に沿った判断をしていたのだろうと思い立った。

この行動から導かれる僕の価値観とは

 


無理をせず(危険そう、疲れた)

ナンバーワンを求めず、目標の下方修正(頂上はいいや)

努力をケチりながら結果を求めるコスパ戦法(ご来光見えそうな場所までは行こう)

 


とても格好悪いが、確かに僕の人生はこんな感じかもしれない。仕事だって、スキルはあるが決して高くはない。これ以上学んでも給与上がりにくいなと感じたらピタッと学ばなくなった。コスパ戦法だ。

 


時々、自分は何をやっているんだと思うことがある。野望も夢もなくなってきて、何も特別なことを成さない人間なのかと思うときがある。よく聞く「何かになりたい」の感情、承認欲求の亜種みたいなやつだろうか。

 


でも、この富士山の出来事を思い返して、これが自分の価値観だと思えば腑に落ちる。少ない努力でそこそこな利益を求める人間が、若いうちに何か(凄いこと)を成せるわけがないのだ。

むしろ、少ない努力でそこそこな利益を得られたときこそ僕なりの「成せた」であり、それはちょくちょく達成できている。

 


それから、少ない努力で済むかどうかは手を付けてみないと分からない。以前株や個人事業主を始めてみたように、気まぐれ混じりでやったらいいのだ。

 

 

 

ところで「自分はこういうやつだ」と考える行為は、その中に押し込める行為でもあると思う。「大きなことを成すことは難しい」と考えると、大きなことを成そうとすら思わなくなる。

非効率な行動を取ることが減りラクになる一方で、人間の可能性を狭める行為だと思う。

それに縛られすぎないように気をつけたい。

自由と自立と金と外食

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

 

 

率直に答えるなら、人に何も文句を言われないことである。

 

中学生、高校生だった時の自分は、親によく小言や説教を受けていた。成績が悪かったから主に勉強のことだった。

そのため親のいる居間には居たくなかったし、自分の部屋でもあまり寛げない時間が多かった。

 

社会人となり一人暮らしをしている今では、多くの時間を寛いで過ごせている。

一人の時間は何も考えなくてもいいし、将来のことを考えてもいいし、過去の反省をしてみてもいい。ブログを書いているこの時間も、心地いい一人の時間の一つだ。

 

その一人の時間を味わえている時や、それを必要な時間だと思える事に大人になったなと感じる。

 

 

 

…というのがこのテーマを視界に捉えた時に浮かんだ内容であった。

これに異を唱えるかのような、印象に残ったフレーズを読んだので紹介させて欲しい。

 

 

書籍“死なないでいる理由”より

「『自立』とは他人の力を借りずに、ひとりで生きていられるということではない。

(中略)人間はそういう無数の他者に支えられて生きているのであって、ひとりでできることなどたかが知れている。

とすれば、『自立』とは、他人から独立していることではなく

他人との相互依存のネットワークをうまく使いこなせるということをこそ意味するはずだ。

 

「人間は他者に支えられて生きている、ひとりでできることなど知れている。」このようなフレーズは何度か聞き覚えはあったし、理解はしていた。

問題はその後で「他人との相互依存のネットワークをうまく使いこなせることを自立とする」という解釈。この考え方は自分になくて、衝撃的であった。

 

都会に住んでいて、様々なサービスが乱立している世の中にいると、金さえあれば何でもできるような気がしていた。地方出身で近場の友人が殆どいない、自分のような人間には尚更そう考えてしまう部分があった。

しかし金があっても他者が支えてくれねばサービスを受けることは出来ない。プライドの高い人間は人に頼るのを嫌いがちだが、金の力を使ったとて他者の支えが必要なのである。それなら「相互依存のネットワークをうまく使いこなす」ことが自立というのも道理かもしれない。

 

テーマに対する私の率直な回答「人に何も文句を言われないこと」などは、筆者が否定している「他人から独立していること」ど真ん中である。恥ずかしい。

 

 

 

また、この自立の考え方から一歩踏み出して、金について考えた。

先ほども書いたが、金があっても他者が支えてくれねば、サービスを受けることはできない。

転じて、金はサービスを受ける権利との交換だけでなく、他者を支えるツールとも考えられそうだ。

 

例えば、自分は料理ができるので、外食にそこまで魅力を感じていない。外でお金を払わずとも、自分が満足できる料理を作ることができる。

だから外食は贅沢であるし、損になりやすいという考え方があった。

 

このように、カネ基準だけで日頃からモノを考えていると、判断基準は「支払ったものの対価を得られるか?」だけである。

しかし「他人との相互依存のネットワーク」の基準を持つと、支払った対象を支援できることに実は価値があるのではないかと気づく。

いまはコロナ関連で飲食店の経営が厳しくなっている。この考え方の影響は小さくないかもしれない。

外で金を使うことって実は善いことかもしれないな。と思った話でした。

 

 

 

新しい価値観を見つけた時、大人にはまだまだ遠いなと思います(オチ)

日記

いつも以上に方針が定まっていないブログを書きます。

 

正月に実家に電話をした時

母「彼女はできた?」

にし「いやいや、できてないわ」

母「じゃ今年だねー」

にし「えー?いやいや」

 

って会話をした。実家に帰ってそういう聞かれ方をすることはあったが、電話で話題になることは今までなかったので、少し意外だった。

その上、今年だねと言われるなんて。

 

そして昨日、はてなブログで何気なく結婚タイミングのブログを見た。

何気なくとはいっても、開こうと思ったのは母の言葉があってだと思う。リンクは貼らないが「このくらいの歳になったら結婚している人が5割超えてまっせ」という内容だと受け取った。

 

なるほどね。社会の圧と、家族や親戚の圧が同時にくると、急かされるもんなんだね。

 

先日、ツイッター上で付き合いも長く、やりとりもこまめにやっていた友達の女性とトラブルを起こしてブロックされてしまい、少しへこんだことがあった。結婚観の話という繊細な話題で、そもそも静観が正解だったなと今では思うんですけどね。

僕はやっぱり結婚とか異性とかは呑気なもんで、「まあいずれ」くらいには思っていました。けど当人はもっと深刻な問題というか、進むも地獄退くも地獄のような状態だったんだろうなあ。それで呑気な発言されたらムカつきますわな、反省です。

当人に同意したつもりで発言したんですけど、前提の心境が違って結論だけあってても仕方ないからね。

 

 

とまあ、最近の恋愛・結婚周りのエピソードはそんな感じです。

自分の意欲としては何か悟りを開きだしていて

「仕事して、飯食って、本読んでいれば人生OKだろう」

みたいな感覚です。現状を肯定する思考。病むことはなくなってきたけれど、枯れているとも言えるような状態。

本読むというのもなあ…本読むことはもちろん大切なんですけど、行動を起こすこと、やってみることも大切なはずで「本読んでいるからオッケー!」とはならないんですよね。

コロナやら緊急事態宣言やらで、行動を起こしにくい時代ではありますけどね。

良いお年を。

年末ですね。今年一年お疲れ様でした。

 

 

 

残業

僕の12月は残業だらけでした。弊社では20時間までは残業見込みとして時間が割り当てられていて、残業代が出ない(既に支払われているという設定)状態となっています。

そのため残業する時は20時間超えるくらい、まとめて残業しようと思っていて、今月はそれを実行した形になります。

在宅ワークラクだとはいえ、2度の休日出勤もあり相当疲弊しました。お給料、多いと良いな…!

 

 

来年の目標

・読書(哲学、教養)

・地ならし(睡眠、ダイエット、休息、洗顔、口内環境)

・人間交流を増やす

 

便宜上書いていますが「来年」とか一年単位で区切る意味は全然なくて、今やっていきたいことを書いています。

人間交流を増やす の項目が珍しいですね、人生初の試みかもしれません。ご存知の通り(?)仕事でもゲームでも食事でも一人でやりがちで、基本ソロが向いてるんだろうなとは思っています。

ただ先日、福沢諭吉の「学問のススメ」を解説する本にて「人にして人を毛嫌いするなかれ。」と言われて、確かに最近は毛嫌いの域にまで入っちゃってるなと思ったのでこんな目標を入れてみました。

まずは「みんチャレ」という同じ目標を持つ人とゆるく交流できそうなアプリを入れてみました。ベイビーステップが大事。

 

 

去年の今頃何を語っていたかと思ってブログを読み返してみたんですが、めっちゃ金のことを話していて面白かったです。

アンケート - にしぶろぐ

400万〜とか600万〜とかすぐ具体的な額面の話をするのが若いですね、1年前ですけど。

あの頃はビジネスやキャリアに対しイケイケだったんだと思います。コロナも無かったし、技術もキャリアも金額も伸び続けるものだと考えていました。今は少し停滞気味です。

大まかな思想としては今もあまり変わってなくて好きです。

 

 

別アカウントが定着してしまった

ツイッターアカウントをもう一つ作ったら定着してしまったことの暴露話をします。

8月頃、少し人間不信なところがあって「自分のツイッターはフォロワーの9割ぐらいにミュートされてるんだろうなー」とか思っていて、「じゃ、リアクションくれた人から順番にフォローしたらどうなるのかな」という本当に好奇心から始まりました。

アカウント名もアイコンも「にしさんかも」とわかる可能性をうっすら込めて作ったんですが、鍵垢をフォローした時に「にしさんですか?」と聞かれて怖がられてしまった気がしていて、それは本意では無いなと思って明かすこととなりました。ここで一つ企画が崩れました。

その後、単語エゴサでいいねする人がいて「いやーこの人は流石に違うでしょ」となったんですけど、次に一度もやりとりしていないフォロワーからいいねがきて「いやーこの人も違うでしょ」とか言って

いや全然最初のルール守れてないじゃん!しょうもな!

と思って、リアクション貰ったらフォローする、というルールを中止しました。

 

同じ頃、旧垢のほうでtwitter婚活タグが目に止まって、なんとなしに一度声をかけていました。IT系の人で、婚活まで言わなくてもとりあえず会ってみたいなと思ったためです。

結局ここの進展は無かったんですが、この影響で旧垢によるしょうもないツイート、下ネタツイートがやりにくくなったんですよね。というか今更になってフォロワー数百人に届ける内容かこれ?と思うわけです。(まあフォロワーの9割ミュートしているわけですが、投稿側は10割に届く内容を送りたいものです)

 

そんなこんなで、クセの強いもの、しょうもないもの、あまり見せたくないものを新垢に持って行ったらそれは新垢のつぶやきが多くなりますよ。そりゃそうです。

あとTL見る側としても、つぶやき少ないのめっちゃラク。学生の頃のような目まぐるしい情報量はもう不要だったんでしょうね。

 

そんな感じで暴露話終わりです。

旧アカウントで絡んでいた人をもう少しフォローしたい気もするんですが、どんな口実でフォローするか考え中です。実際に会った人とかどうですかね。

 

 

しょうもない話に付き合ってくれてありがとうございます。良いお年を。